【朗報】ナチュラルアートクリニック保険診療開始ですね!

2022年9月3日

実は、令和3年年末にNAC理事長 寺元先生におかれましては当院にお越し頂いており、こちらから恐縮なお話なのですが院内の見学をさせていただきたい旨お伝えしておりましたところ、ご了承いただきました。令和4年1月26日水曜日。もう半年も前になりますが ナチュラルアートクリニック日本橋を見学させていただきました。

https://www.naturalart.or.jp/

関村がこちらの鍼灸院を不妊症に特化した治療院として開業したのが2003年です。2007年に寺元理事長が加藤レディースクリニックから独立され、新橋に夢クリニックを開院なされました。加藤レディースの加藤修先生が最初のころ忙しい寺元先生のお手伝いに行かれていたなど当時見聞しておりました。昔から寺元先生はスーパードクターと患者様に呼ばれておられ、私も当時数名の患者様から他院では見つからなかった子宮内ポリープがエコーだけで見つかったなどのお話を受け、着床の妨げになるポリープを見落とさないために夢クリに多くの患者様に行って頂いたりしました。

多くの斬新かつ丁寧な診断による新しい治療法を開発され、これまでの誘発方法とは異なる患者様の身体に寄り添った負担の少ない治療をなさっておられます。加藤レディース加藤修先生の治療法もそれまでの方法とは大きく考え方の異なる治療法でした。これはここ20年近く変化していないのでエビデンスも確立されている治療法といえるでしょう。人の身体は複雑です。その方に合う治療を見つけていかなければなりません。2003年当時は大学病院でなされていたロング法が主流でした。またしばらくしてからアンタゴニスト法が欧米から持ち込まれお使いになる先生方が増えました。それまでの卵巣の腫れ悪心など負担が大きかった治療がだいぶましになりました。しかし加藤レディースクリニックの治療法はクロミッドの作用をうまく利用することで、それよりももっと負担なく個数は少ないですが採卵ができ妊娠に必要なホルモンバランスを崩さずに連続採卵が可能になることで高齢の方に素晴らしい効果的な治療となりました。

どんな分野でも日進月歩ではありますが、この加藤レディースクリニックに続くナチュラルアートクリニックの治療法の流れは止められない気がします。懸念は技術が高くないと出来ない可能性があり普及ができるかというと先生の芸術的な採卵技術の継承かと思います。実はスーパードクターとlineで繋がれた、またお目にかかることができたことは芸能人に会ったくらいにドキドキしてました。

4月からの保険診療が患者様の流れを多く変えています。ナチュラルアートクリニックは保険診療をしていなかったので紹介しにくい状況でした。みなさんそれぞれ身体が違いますので様々な誘発方法を勉強し現在の自分に合う誘発方法を見つけていただきたいと思います。また誘発方法と培養技術の両輪がマッチして初めて成功します。手前味噌ですが、不妊症の8割は患者様ご自身の身体が原因ですから、体を良く整えていくことが最重要と思いますが、病院で受ける治療はまたとても重要ですので選ぶ目を持っていただきたいと思います。PCOSの患者様にとってはこの保険診療は朗報かと思います。以前はPCOSの自然採卵の効果についていい印象を持っていなかったのですがその疑問を寺元理事長に直接PCOSの自然採卵についてお伺いしたところとても明快なご回答を頂きそれから数名の患者様の結果がよかったのでお勧めしたいところです。回数が限られた保険診療がうまくいくかはすべてこれからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 KYS西新宿6F

アクセス・地図

Tel:03-6908-5093

※施術中で電話に出られない場合が多いため、
 お問合せフォームからご連絡ください。

診療時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
9:30~20:30 9:30~20:30 9:30~15:00 9:30~20:30 9:30~20:30 9:30~19:00 休診日
ページの先頭へ