【Sekimura鍼灸院】マクロビ料理~かぼちゃの塩煮~

2019年8月27日

秋の美味しい味覚、かぼちゃ

かぼちゃは抗酸化力の高いのビタミンEが豊富です。

ビタミンEには血管を健康に保つ作用や、赤血球の破壊を防いだりする作用、細胞の酸化を防ぐため老化防止にも効果があると言われています。

また、薬膳では腎臓の薬として知られているかぼちゃ。

体内に溜まった毒素や老廃物を流し、むくみを取り除いてくれる作用もあります。

 

さらに、かぼちゃにはストレスを除去して自律神経を整える効果のあるGABAが豊富で、

イライラしていたり、気持ちが高まっている時に食べると気持ちを落ち着かせてくれる効果があるのです。

いい事だらけですね☺

今回はそんなかぼちゃを塩煮にしてみました!

シンプルに味付けを塩にするだけで、かぼちゃ本来の甘みが出てきてとても美味しくなります☀

〜準備するもの〜

 

 *かぼちゃ(1/4)

 *塩 (2~3つまみ)

 *水(大さじ1~2)

 

〜作り方〜

① かぼちゃを切ったら鍋に入れ

塩をかけて15分ほど放置します

(徐々に水分が出てくるので、この水分でかぼちゃを煮ます)

 

②  かぼちゃに水をふりかけてから蓋をし、火にかけます。

煮たってきたら弱火にし、そのまま13〜15分かぼちゃが柔らかくなるまで煮ます。

 

③ かぼちゃの水分がなくなり、ホクホクになったら火を止め、5分ほど蒸らします。

ほくほくの食感が好きな方は、蒸らし無しでも大丈夫です

 

④お皿に盛り付けて完成です

かぼちゃ本来の甘さが塩とちょうどよく混ざりあって、体の奥の方から温まる料理になりました☺

もし余っても、塩だけで味付けしているので

コロッケやスープにリメイクもできます。

 

かぼちゃも塩も陽性なので、陰性の人にオススメの料理となっております

秋も近づいてきていますので

旬のものを美味しく身体に取り込みつつ、お体を内側から温めていきましょうね☺

実際に作られた方は感想を教えて頂けると嬉しいです☀

第3弾もお楽しみに!

 

鈴木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 KYS西新宿5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ