【Sekimura鍼灸院】甲状腺とは?①~妊娠に大切な臓器のおはなし~

2019年8月9日

 

甲状腺という臓器は全身の代謝や卵子の成長、妊娠の維持などに深く関わっています。

甲状腺機能が低下している場合、TSH(脳から甲状腺へ指令を出すホルモン)の値が高くなります。

自覚症状として冷え、疲れやすい、体重増加などが起こることがあります。

症状が無くとも不妊や流産の原因となる可能性があるため、当院ではTSHが2.5(μU/ml)以上の方には甲状腺専門病院の受診をすすめています。(TSHが2.5以上でも治療の必要が無い方もいます)

 

逆にTSHが低すぎて(脳からの指令が足りなくて)甲状腺ホルモンが十分に分泌されない場合もあります。

 

いずれにしても甲状腺ホルモンの薬(チラーヂンという名前の薬が処方されることが多いです)を服用することでTSHの値をコントロールすることができます。

 

薬を服用してからTSHの値が変化するまで(再度病院で検査して結果が出るまで)数週間かかりますので、不妊治療を考えている・受けている方は早く検査を受けておくことが大切です。(TSHは血液検査で測ります)

加藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 KYS西新宿5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ