今現在の生活にも活かされることが沢山あります

2018年8月23日

養生について今から300年前に貝原益軒によって作られた『養生訓』というものがあります。ご存じですか?

今現在の生活にも活かされることが沢山あります。

養生訓では養生の道の根本は我慢することと言っています。

どういうことかというと食べ過ぎて消化器官(脾胃)を傷つけるなということです。

過食、長時間眠ることや座ることはせず、運動をして気の交流をすることが大切です。

食後は休むのではなく、軽い散歩をするのがよいとされています。

消化していないのに眠る癖をつけると全身の気の滞りが生じて病気になり衰弱するというものです。

食事をして強い眠気が出る方は消化器官(脾胃)が弱っています。

自身の食事量の適量を知ることから意識していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

関村 順一SEKIMURA JUNICHI

院長 鍼・灸・あマ指師

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 KYS西新宿6F

アクセス・地図

Tel:03-6908-5093

※施術中で電話に出られない場合が多いため、
 お問合せフォームからご連絡ください。

診療時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
9:30~20:30 9:30~20:30 9:30~20:00 9:30~20:30 9:30~20:30 9:30~19:00 休診日
ページの先頭へ