【Sekimura鍼灸院】マクロビ料理~さつまいもの煮物~

2019年10月15日

第8弾 さつまいもの煮物

秋の味覚のさつまいも

さつまいもにはたくさんの栄養素が含まれてます

☆ビタミンC

→りんごの約7倍になるそうです。抗酸化作用があり、シミやそばかすを防ぎ、肌をなめらかにしてハリを保つのに効果的です!

☆β カロテン

→老化の予防につながるアンチエイジングに重要で、強い抗酸化作用を持つので体のさびつき予防の効果があるとされてます。ちなみに、さつまいもの黄色が濃いほど、β カロテンの含有量は高いそうです!

☆ヤラピン

→さつまいもを切った時にジワッと滲み出る白い汁は、ヤラピンというさつまいも特有の成分で、胃の粘膜の保護や、腸の動きを促進させ、便秘を解消する働きがあると言われています

 

今回はそんな栄養たっぷりのさつまいもを

優しく煮た料理を作ってみました!

 

〜準備するもの〜

・さつまいも 1本

★ 砂糖 大さじ1

★ 醤油 大さじ1

★ みりん 大さじ2分の1

★ 塩 少々

・ ゴマ お好みで

 

〜作り方〜

 

① よく洗って1cmの輪切りにしたあと

     水に2~3分さらします

 

 

② 鍋にさつまいもを入れ被るくらい

水を入れ煮ます。煮立ったら弱火にします

 

 

③ ★を全部入れお好みの硬さまで煮ます

 

 

④ 器に盛り、お好みでゴマをかけたら完成

 

ホクホクなので身体を内側から温めてくれます。

優しい味なのでおやつとしても良さそうですね

また、食物繊維たっぷりなのでお通じにも期待できます!

 

 

 

塩、醤油、ごまが陽性寄りで

さつまいも、みりん、砂糖が陰性よりになります。

全体的に陰陽のバランスがとれた1品になりますね!

 

甘いさつまいもを選ぶコツは切り口です。

切り口から飴色から黒色の蜜が染みだしてきているものは、糖度が高い証拠らしいので

ぜひ選ぶときの参考にしてみてください!

 

実際に作られた方は感想を教えて頂けると嬉しいです♡

第9弾もお楽しみに!

 

鈴木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 KYS西新宿5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ