【Sekimura鍼灸院】より良い汗のかきかたが、あります!

2019年8月8日

前回は代謝を上げる為に運動が大切だ ということを書きましたが、

今日は運動したらかく汗について、より良い汗のかきかたがあるのでお話します。

運動すると筋肉が伸縮してATPというエネルギーを使います。その過程で熱エネルギーも産生されるため、体が熱くなって体温調節の為に汗をかきます。

まず血液から前駆汗という塩分濃度の高い汗が作られ、通常は塩分を再吸収して薄めてから排出しています。

ところが急に大量の汗をかく場合、塩分の再吸収が追いつかずにベタベタする濃い汗が出てしまいます。

塩分が失われると脱水の危険が高まりますし、体感的にも不快ですね。

 

これは毎日少しずつ汗をかく習慣をつけることで予防できます。

・2~3時間冷房のない場所で過ごし、自然と汗ばむ時間をもつ

・運動を始めるときはかるいものからにする(ストレッチなど)

・運動するときは涼しい時間帯や場所を選んで行なう

など、少し工夫することで薄い良い汗をかける体になります。

 

運動は代謝を上げ、血流を良くして卵子にエネルギーを与えたり、リフレッシュすることで自律神経を整える効果があります。自律神経は卵管や子宮の動きをつかさどっている為、特に排卵の時期や着床の時期は整えておくことが大切です。

また、せっかく良い汗をかいて体が温まっても汗をそのままにしていたら気化熱でまた冷えてしまいます。少し面倒でもまめに着替えて、効果を損なわないようにしましょう。  

加藤

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 KYS西新宿5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:30~20:30 10:00~20:30 10:00~20:30 10:00~20:30 10:00~20:30 9:30~18:30 休診日
ページの先頭へ