理由がわかると不安が減る【不妊治療中から妊娠中の便秘】

2018年7月21日

【不妊治療中から妊娠中の便秘】

便秘は3種類に分けられます。

痙攣性は、ストレスなどか原因です。腸の働きが過敏になり、痙攣が起こります。ガスが溜まりやすいです。
直腸性は、便意を我慢したり、下剤を多用したことによる排便リズムの乱れが原因です。

不妊治療中や妊娠中の便秘は、弛緩性に分類されます。ホルモンの影響と子宮の圧迫が主な原因です。

プロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌され、腸の動きを抑えてしまいます。ホルモンバランスが変わってくるため、自律神経も乱れ気味になることも考えられます。

赤ちゃんの成育とともに子宮が大きくなります。直腸が圧迫され、排便反射が鈍くなるようです。
水分が赤ちゃんにいってしまうこともあり、便が固くなりやすいです。便秘は痔にもなりやすくなってしまうので、不快なときは病院で相談されることをオススメします。

不妊治療にはホルモン剤が使われることが多く、便秘にもなり易いです。

理由がわかると不安が減ると思います。
もちろん、食生活の見直しや鍼灸治療も試して、快適な生活をおくれるように努力してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ