身体にやさしい食品   三年番茶

2018年8月16日

マクロビオティックではおなじみの三年番茶、他の日本茶と比べでいったい何がちがうのでしょうか?

【使用する箇所が違う!】
煎茶などの一般的なお茶は、柔らかい新芽を使用します。
三年番茶は3年以上生育した茎や葉を使用し、茎と葉の割合でいうと、茎6〜7に対して葉4〜3の比率です。

【熟成期間が違う!】
三年番茶は、長期間寝かせるため刺激成分であるカフェインが少ないうえ、さまざまな成分が自然分解して減ってくるのです。

日常飲むお茶は、良くも悪くも胃に影響を与えます。お茶によっては陰陽のバランスを崩し、胃もたれや、消化能力の衰えを招くこともあるのです。

その点三年番茶は、
中庸(陰陽のバランスがとれている)でどなたにでも飲んで頂ける飲み物である上、体調の悪いときも、身体にすっ〜と浸透してくれます。

また、消化吸収を助け、血液をきれいにして新陳代謝を促進してくれます。普段から飲むお茶はもちろんのこと、妊娠してからも、子供も安心して飲むことのできるお茶です。(*^_^*)

当院でもおすすめしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 KYS西新宿5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ