風邪かな?とおもったら、まずはセルフケア!

2015年12月23日

風邪、流行ってますねー
ちなみにわたしもお鼻ぐずぐず、やっちまいましたね。
こどもにはRSウイルス、溶連菌などが流行しています。

 

今回は、東洋医学からみた風邪のお話をば。
ちょっと前にもお話しましたが、復習あんど対処法のお話です

東洋医学では
風邪→ふうじゃ
といって、病を引き起こす外因のひとつ(外邪といいます)
風が体内にはいることにより具合が悪くなると捉えています。
風は他の外邪と一緒に体内に入ります。
それによって、風邪の症状が変わるんですね。

 

いわゆる寒さ(寒邪)がはいると
・背中がぞくぞくする
・寒気がする
タイプの風邪になり

 

熱邪がはいると
・発熱がある
・喉の痛みや腫れがでる
タイプの風邪になります。

 

寒さを伴う風邪を風寒タイプ
熱さを伴う風邪を風熱タイプ
とわけます。
この時点では、邪はまだ身体の外側にいて
奥の方までは影響が及んでいません。

風寒タイプの風邪のときは
・生姜や梅醤番茶を飲み、あたためる
・ユーカリやティートゥリーの精油を使う

風熱タイプの風邪のときは
・第一大根湯を服用(とりあえず大根おろしを飲むでもOK!
大根がきついときはナシでも)
・れんこんのすりおろしは喉の炎症によく効きます
・ラベンダーの精油を使う

をまずやってみましょう!
そして、清潔で通気性のよい寝巻をきて
ゆっくりお休みください。
(睡眠大事ですよ(^◇^))

いわゆる市販の総合感冒薬は、対症療法で
その場しのぎになってしまいます。
(眠れるのはいいんですが…)

とにかくゆっくり休んで!お大事に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ