骨盤の歪みは妊娠に関係するか?

2014年11月30日

骨盤の歪みって良く耳にはしますよね。

今回はそんな骨盤の歪みによる妊娠について考えた記事です

骨盤の歪みは妊娠に関係するか??

私は関係していると思います。

骨盤は、仙骨と左右の寛骨からなります。

簡単に言うと、腰に両手を当ててみると、出っ張った硬い部分がありますよね?それが骨盤です。

骨盤の空間には膀胱や腸などがあり、子宮も存在します。

骨盤の歪みが妊娠と関係していると思う理由の一つが、この位置です。

骨盤が閉まるように歪めば、空間が狭くなり、狭くなれば血流が悪くなる可能性があります。

逆に緩みすぎてしまうと、下垂する可能性もあります。

また子宮や卵巣は、骨盤についている靭帯などによって固定されています。

hijiya_141130

見づらくてごめんなさい。
写真はお腹を上から見た図です。

①子宮円索→円を描くように子宮を前方へ固定
②固有卵巣索→子宮と卵巣をつなぐ、子宮の側方固定を行う
③仙骨子宮靭帯→後方で仙骨と子宮を結ぶことで固定する
④卵巣提索→卵巣と骨盤の側壁をつなぐ
⑤卵巣広間膜→子宮と骨盤壁を結んでいる

細かく書きましたが、要するに骨盤からの靭帯や索で子宮、卵巣は固定されてるということです。

ということは、骨盤の歪みで子宮と卵巣に影響が出るという事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ