妊活に効果ゼロの4つのウォーキング ①

2014年7月23日

妊活の為の、ウォーキングポイントです。

効果が少ないウォーキングから、
効果バッチリウォーキングになる為に、

まずはウォーキングの「効果」について知りましょう。
ウォーキングで狙う一番の効果、それは、、、、

ずばり、血流UP!!!

いかに足や腰回りの筋肉を使い、血流UPをするか!!
です!!!

この効果を一番に狙って、私は患者さんにウォーキングを勧めています。
血流の良し悪しについてはまた別の機会に詳しくお話ししますが、

簡単に説明すると、
卵巣や子宮へ届くさまざまな指令(ホルモン)は、血流によって運ばれるので、
血流が悪いと、卵巣や子宮へ大切な指令が届かないという事です。

また筋肉を動かすと「熱」が産生され、「冷え」の防止にもつながります。

自分のお腹やお尻、太ももを触ってみてください。
ウォーキングが必要かどうかがすぐにわかります。

さて、ウォーキングの効果がわかった所で、本題です。

ウォーキングのポイント、それは、

①姿勢よく

②大股で

③踏み出す時、足の親指を意識して

④手を振って 歩く

です。

この4点は、血流UP筋肉を使うか使わないかに大きく関わります。

これが出来ていない
つまり
猫背で下を向きながら歩く

小股で歩く

足をすり足で歩く

これに一つでも当てはまってしまうと、せっかくのウォーキング効果が減ってしまいますよー!!

ぜひ姿勢よく、大股で、踏み出す時、足の親指を意識して、手を振って 歩いて下さいね

 

そのウォーキング、運動になる為に少しコツがいります。

今日はその部分について詳しくお話したいと思います。

ポイントその①

①「姿勢よく」

「姿勢よく」って実はすごく難しいんです。

高校時代ダンス部に入っていましたが、

「もっと手を水平に!」と言われて

(ウソ!?水平のつもりだったのにーショック!) と思った事がありました。

誰かに見てもらわないとわからないし、その場で言われてもクセですぐ戻ってしまいます。

また、姿勢を良くすると言う事は、頭にヒモがついてて、上からつられてるような感じ。

と教えてもらった事もありましたが、私にはそれが良くわかりませんでした。

難しいと嫌になりますので

もっとシンプルにいきましょう。

まずは背筋をピーーーンっと!!

とにかく自分なりの「ピーーン」で大丈夫です。

そして背筋ピーーンとしたまま

息を大きく フゥーーーーーッ  と吐きましょう。

肩や首など無駄な力が抜けるはずです。
※力を抜きすぎて猫背にはならないでー

そして目線は数メートル先を。

はい。おしまい。

要は、スマホや足元を見ながら猫背で歩くと、お腹や足の筋肉を使えない。

と言う事です。

どうですか?

ピーーーンの後フゥーーーーッ
目線は数メートル先!!

ぜひやってみて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ