おりもの(頸管粘液)について

2012年12月12日

排卵時期の患者さんには毎回「おりもの」の状態を聞きます。

今日はその「おりもの」がなす役割についてお話します。

おりものは頸管粘液ともいい、

その名の通り子宮頸管から分泌される粘液です。

hijiya_121212

子宮頸管は普段、外部から菌の侵入を防ぐ為に「酸性」を保っています。

頸管粘液の分泌量が変化するきっかけは、卵胞が大きくなってきて卵胞からでる「エストロゲン」というホルモンも増えた時。

このエストロゲンの作用により、頸管粘液の分泌は増え、粘稠度もあがります。

頸管粘液は、酸性だった頸管部分をアルカリ性へと中和し、

精子が子宮に入りやすくなる状態にします。

つまりおりものが増える、また粘稠度があがる=「排卵が近い」というサインとも考えられる訳です。

初診の時にお話しすると、気にした事が無い患者さんもいらっしゃいます。

ぜひ気にしてみてくださいね。

基礎体温表にメモするのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ