「お酒がやめられない」ならの話。

2014年4月1日

障害の原因になることも! 妊娠中の飲酒が赤ちゃんに及ぼす影響5つ
【女性からのご相談】
結婚一年目です。できたら早く子どもが欲しいのですが、実はお酒が大好きで、妊娠しても止められる自信がありません……..≪続きを読む≫
[アメーバニュース]
当院でもよく話す話題です。

「妊娠の準備は何ヶ月も前から、心とからだづくりを心がけていく。そういう習慣をもってください。」
と、お伝えしています。

しかし、この方のように、止められないことがストレスになりますね。

 

私は、
「すぐに止めなくていいとおもいますよ。」と、お話しています。

まず、結果として飲まなければ生きていけないのか?

・そこまでではない方
・そこまでに近い方
に分けます。

生きていけない方もおられます。
そういう方には、すぐに止めてもらいません。

 

 

アルコールは、気力でやめられるものではなく、体が欲しているから止められないのだと考えます。

それは、多くの場合
『体が緩まない状態が続いていると、どうしてもやめられない。』
のです。

多くのビジネスマンやOL、主婦のかたもストレスで体ががちがちなのです。

ストレスをなくすことも難しい。

なにか代替になるものを探し、アルコールを止められる体に変化させないと止められませんね。

 

代替のものを探すには、身体をゆるめる

「物」、「事」や、「飲食物」をからだに与えてあげればいいのだ!

と、思ってください。と、お伝えしています。
代表は、「甘いもの」、「炭酸」など。

一番思いつくのは、コカ コーラですかね。

しかし、これ皆さん感づいていると思いますが、摂らないほうがいいものです。
ですから、鍼灸院でコーラ飲んでくださいなんて、言わないです。
まあ、大丈夫な人も世の中たくさんおられるのですが。
年をとれば血管が老化しますから、老化のスピードを速めるものを飲めるのは若いうち。
過ちを修正できるうちにね。
アルコールの代替は「炭酸水」、「コーヒー」、「お茶」
あたりまえの答えですが、あたりまえに飲んでいるものはそれなりに理由があるから、続けて飲まれているのです。

ただし、飲み物は冷やす働きもありますから、温かいほうがいいですね。

でも飲み物以外に、弛めたいですね。
からだがゆるむと、アルコールがいらなくなります。
妊娠をかんがえているなら、
他の方法も知っておいてくださいね。

 

 

お酒は体を弛めますから、代替のものを探して、自分に合ったことを
続けて実践すれば、しばらくすると

「あれ?、欲しくなくなってきた飲まなくてもだいじょうぶかも!?」
と、なる方がほとんどです。
実はこれ、当院で実証済み。
また、同じく。

弛めるもので、甘いものの代替品を探すことで、しばらくして

「甘いものがあっても食べたいと思わなくなってきました!」
という方がいっぱいです。
ゆるゆるになるには、
『塩気を薄く、油はあまり摂らない。』

生活でだいぶ変わります。

あとは、できる運動ですね。
一歩一歩です。ゆっくりとね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ