「甘いもの」を摂らない生活には「心の発散」を。

2013年9月28日

気温が下がり涼しくなってきました。
こういうときは寝冷えに注意ですね。

 

わかってます!と言われそうですが、原因があっての結果です。
多くの方のお身体をこれまで診させていただいて、おもうこと。
「甘いもの、摂らない生活には心の発散を考えていかないと」

 

結論から言うと、

甘いものが血液の滞りに大きく影響しているようです。
東洋医学では甘いものは身体を緩める作用があり、身体の調子を整えるために使用したりもします。それはツボと経絡で整えるのですが。

食べ物でしか緩めることが出来ないのではなく、鍼灸治療で緩めます。
ですが、食べ物でみんな緩めてしまうんですね。手っ取り早いからです。
でも、その手っ取り早いことずうーと続けていると、弊害が起こります。

そういう方が患者様のなかでとても多い。

鍼灸治療ではそういうことを見据えて、治療をします。

でも、人によってはゆっくりです。全員が何でも急すぎるのは駄目なのです。
病が浅かったり、自己治癒力の高い方は急でもいいし、治療もそういう考えでします。

病の深い方は、どうしてもゆっくりです。
甘いものを摂らなくても大丈夫になります。
そのために自分で出来ることは、心を発散させて緩めることとと思います。
鍼灸治療とともに、凝り固まらないように遊ぶことも大事です。
スポーツのし易い秋。

 

頑張りが結果とつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ