飲み薬を使った排卵誘発について

2010年12月9日

飲み薬をつかった誘発で使われる薬には、

・クロミフェン(クロミッド、セロフェン)、

・セキソビット、

・フェマーラなど

があります。

月経開始3-5日目ぐらいから薬を服用し、脳に働きかけ、卵胞の発育を促します。

クロミフェン服用すると、頚管粘液の分泌が減少、子宮内膜の薄くなるなどの副作用がでる人もいるので注意が必要です。

また、クロミフェン飲み続けると卵巣が腫れることもあるので、長期間の服用には気をつけなければなりません 。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ