アンチミューラリアンホルモンと体外受精

2010年11月28日

アンチミューラリアンホルモンとは卵巣機能を調べるための方法です。

卵巣の中で卵胞は原子卵胞⇒前胞状卵胞⇒胞状卵胞⇒グラーフ卵胞(排卵直前の卵胞)

の順に成長していきます。

 

アンチミューラリアンホルモンは卵胞が成長する過程の前胞状卵胞から

分泌されるものです。

 

この数値が高いという ことは、発育卵胞が多いということなので、

卵巣予備能力が高いということになります。

検査は血液を採取し、時期は月経周期に関係なく分泌されているので、

いつでも測れます。

検査結果で数値が低く、卵巣年齢が高いと判断された場合は

積極的な治療を行うことが多いようです。
ドクターの考え方にもいろいろあって

完全自然をすすめる先生方と

ウルトラロング、ロング、ショート、アンタゴなどの刺激法をすすめる先生方に分かれます。
どちらとも成果をだしておられるようなのです。
選択権が患者様にあり、病院選び治療法選びは悩ましいところです。

お悩みの方にはご相談にのれればと思います。
又、自費の検査なので病院によって値段がまちまちですし、

検査は外注に出しているところ、自院でしているところがあり、

得られる結果もどこでする検査かによって違うようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ