質のよい卵子とはどのようにできるのでしょうか?

2010年11月26日

質のよい卵子がよい受精卵となり着床すると言われます。

質のよい卵子とはどのようにできるのでしょうか?

質の良い卵子ができるためには血流のよさがとても重要です。

卵胞の細胞に酸素を送り、老廃物を回収するのは血液の仕事です。

その血液の流れが悪くなるということは

よい卵子が育たないということになります。

血流低下が起こる要因としては、

ストレス、加齢、運動不足、冷え性、

便秘、喫煙、肥満、などがあげられます。

Sekimura鍼灸院ではその人にあった、治療を行い、

卵巣の血流を良くしていくお手伝いをしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ