沢山できた卵の行方(遺残卵胞化)

2010年11月25日

採卵方法の一例ですが、

hMGの注射により卵巣内に卵胞が沢山できます。

採卵するに十分に大きくなった卵胞もあれば、

採卵するにはちいさい卵胞もあります。

この場合、十分に大きくなった卵胞のみ、採卵されます。

では採卵されなかった卵胞はどうなってしまうのでしょうか?

基本的には吸収されなくなります。

しかし、それが吸収されず(遺残卵胞化)

次回の周期に大きくなることもあります。

それは月経3日目に測定する超音波と

エストロゲンの値でわかります。

通常の場合遺残卵胞が見つかった場合はピルを飲み、

お休みするようです。

そのほうが確実ですが、

ピルを飲めない方や飲みたくない方は

なくなるのを待つ方も多いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ