足の冷えが気になる冬、冷え対策には「角質ケア」!?

2010年12月18日

患者様から情報をいただきました。
足の冷えが気になる冬、冷え対策には「角質ケア」!
株式会社リベルタ
————————————————————————–
冬といえば、冷えや乾燥、むくみなど様々な悩みが深刻になる時期。株式会社リベルタ(東京都渋谷区渋谷1-16-9渋谷KIビル8F、代表取締役/佐藤透)が展開する、シリーズ200万個突破の削らない角質ケア「ベビーフット」が、「角質ケアが冷え予防に効く」として日本テレビの「DON!」(2010年11月29日放送)で紹介されました。

————————————————————————–
2009年に行った30代~50代の大人の女性500人に聞いた「フットケアに関する意識調査」(株式会社リベルタ調べ)でも、「足に関する症状で気になっているもの」を挙げてもらったところ、「足のがさつき」が最も多く、次いで「皮膚の硬化」「冷え」なども高い数値を示しています。(下のグラフより)

冬は、代謝が下がるため、生活の中で気を付けていても、上記にあるような冬の悩みを根本から解消するということが難しくなっています。そんな中、角質ケアは足裏の乾燥や硬化対策だけではなく、冷え予防にも効果的という面白い実験結果が出ました!

 

◆2010年11月29日(月)放送 日本テレビ『DON!』より◆

【足の冷えを早く温めるのは?】
クイズ:足を一番温める方法はどれ? ※同じ人で3種類の方法を実験

(1) 靴下2枚重ね
(2) レッグウォーマー
(3) 角質ケア(角質除去) (★ベビーフットイージーパックSP使用)

 

≪実験方法≫
【靴下2枚重ね・レッグーウォーマー】氷水に足を10秒間つける。そのあと、すぐ水分をしっかりふいて靴下を2枚重ねにして履く。ただし、靴下は5分後に脱ぐ。
【角質ケア】10日間かけて余分な角質を除去。

その答えは…
角質ケアが第1位 でした!

 

■なぜ、角質ケア(角質除去)が一番足を温めるのか?

余分な角質を取り除くことで足自体が柔らかくなり、その足で歩いたりすることによって刺激がよく伝わります。その結果、血流が良くなり、足が温まるのです。靴下は、サイズにゆとりがないと逆にしめつけてしまいます。レッグウォーマーは、ふくらはぎを温めるのには有効です。

 

つまり…

足の冷え防止に役立つのは角質ケア=足の皮膚のやわらかさが大事! なのです。

冬にさらに冷えがちな足を温めるには、根本的に足裏に溜まった古い角質を除去することが大切であり、冒頭で足に関する症状で悩んでいるという上位の項目は、すべて相互に影響を与えていると言えます。

使用後、約一週間で古い角質が自然に剥がれてくるベビーフットイージーパックSPなら、お手軽にかかとからなかなかケアしきれない細かい部分まで足裏全体をツルツルもちもちにすることができ、お勧めです。

 

★ベビーフットとは・・・
ベビーフットは、足裏に溜まった古い角質を、削らずに自然に除去する足裏専用のピーリングキット。
初めての方にオススメの手軽に使える『ベビーフット イージーパックSP』は、専用のローションが入った足型カバーを2時間履いて過ごすだけで簡単手軽なキットです。(ベビーフット イージーパックSP(※27cmまで)、ベビーフット イージーパックSP Sサイズ(※21~24cmまで)、ベビーフット イージーパックSP Lサイズ(※30cmまで)/各1,680円)

ベビーフット公式サイト
http://babyfoot.co.jp/

 

●本件に関するお問合せ先●
株式会社リベルタ
コミュニケーション開発部 星(ほし)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-16-9 渋谷KIビル8F
TEL:03-5464-8300  FAX:03-5464-8309
Email:info@liberta-j.co.jp

ニュース配信元:DreamNews

 

 

 

長々とコピーしましたが、当院で足の冷えを改善させるのに、足裏ガサガサの方にはある方法を使いつるつるにして、かつ足裏ほかほか治療をしていました。

しかし・・・問題は痛いこと!!・・・

確かにつるつるに、そして足の冷えがなくなるようになっていたのですが、痛いのを我慢していただいていました。

この会社の方法なら痛くないらしい!

 

なら、こちらの方がいいかも。僕はまだ試してないのですが、いいはずです。

理論は、この会社の言っていること正しい。ひとつ追加するとすれば、

瘀血(おけつ)の概念を付け加えてかんがえると

Sekimura鍼灸院の瘀血に関する考え方と100%一致します。

 

痛いより痛くない方が良いに決まっています。

これ、もしよかったら

妊娠率向上やいろんな病気治療に使えるかも・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ