あなたの不妊の原因はどこ?

  • 「胚のグレード」は、胚盤胞のグレードのことです。それ以前の分割胚では子宮に戻した後、胚盤胞まで進んだのかわかりません。
  • いくら誘発剤を飲んでも、注射をしても卵胞が成長しないのは脳または卵巣に感受性がありません。血流が悪くホルモンが届かないのかもしれません。
  • 「卵質」「子宮内膜因子」・・・西洋医学では顕著な効果が認められない場合も多くあります。鍼灸治療により胃腸の改善、お血を排出、呼吸、運動、食養生、漢方などに取り組みましょう。
  • 「偶発的流産」「必然流産」は鍼灸治療より西洋医学の方を優先するべきなので、きちんと検査をする事が大切です。しかし鍼灸治療を併用をしてもっと効果を上げることが出来ると考えています。
  • 男性因子について
    胚盤胞まで育たない場合①卵質の問題 ②精子の問題 ③培養の問題 が考えられます。

「よくわかる不妊症と不育症の検査と治療」より 假野隆司

 

Sekimura鍼灸院の適応

 ●・・・sekimura鍼灸治療の適応   ▲・・・状況によって適応 

 

内分泌・排卵因子による不妊の原因

●性腺刺激ホルモン

脳下垂体から出るホルモン(FSH・LH)によって卵巣が刺激され、卵胞が成長し排卵します。
脳からの指令が正常に行われないと、排卵障害の原因になります。

●高プロラクチン血症

プロラクチンは脳から分泌されるホルモンで、通常は出産時に乳汁を分泌するホルモンです。
また月経や排卵を抑える働きがあるため不妊の原因になります。

●黄体機能不全

排卵後の卵胞(黄体)から分泌される、プロゲステロンは着床や妊娠の維持に必要なホルモンです。
何らかの原因によって分泌されない事があります。

●多嚢胞性卵巣症候群

卵巣の中に10mm以下の小さな卵胞が、10個以上存在している状態です。
卵胞の発育に時間がかかる・主席卵胞が上手く育たない・上手く排卵しない といった事が不妊の原因となります。

▲早期卵巣機能不全

20~30歳代で卵巣機能が低下して無月経となったり、場合によっては43歳未満で早期に閉経してしまう状態。卵巣に卵胞が残っている場合には誘発して排卵できる可能性がある。

 

卵管因子による不妊の原因

▲クラミジア感染症(卵管周囲癒着・卵管閉塞)

クラミジア感染症の症状は女性では自覚しにくく、現在・過去に感染した事により卵管の癒着や閉塞の原因になります。性行為感染症の一つです。

▲ 卵管留水腫

卵管采が閉じてしまい、水がたまった状態。卵管采が閉じていると、排卵した卵子を卵管に取り込む事ができないため不妊の原因となります。クラミジア感染症などが原因です。

▲ 子宮内膜症

子宮内膜以外に内膜組織ができてしまう。卵巣・卵管・直腸・腹腔などにできると、卵子の成長の妨げ、排卵障害、卵管障害、ピックアップ障害の原因となります。

● ピックアップ障害

何らかの原因により、卵巣から排卵した卵子が卵管采に上手く取り込めないために不妊の原因となります。

● 受精障害

卵子の質・免疫によるもの、精子の質によって受精が上手くできないことがあります。

 

子宮因子による不妊の原因

▲子宮奇形

子宮の奇形により、着床の障害になる

▲アッシャーマン症候群

子宮内膜が癒着した状態。受精・着床の原因になる

●子宮筋腫

女性に4人に1人が発症し、経過観察となることもある。数やサイズが大きい場合には、不妊の原因にもなる。

●子宮腺筋症

子宮筋層に内膜症組織ができた状態。着床の障害になる

 

不育症

● 免疫性

自己免疫に異常がある場合、不育の原因となります。
同種免疫異常は夫婦の間で染色体が似ているので、不育の原因となります。

●凝固系

血液凝固因子の異常がある場合、不育の原因となります。

▲男性因子

乏精子症・精子無力症・無精子症・無精液症・性交障害

 

病態にあわせた鍼灸治療の方法

 

積極的に鍼灸治療を受けてみましょう

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ