顔面神経麻痺

東洋医学的治療

病院にかかっているけど、鍼灸治療を受けていいのかな?

病院でベル麻痺、ハント症候群と診断されたら、すぐに並行して鍼灸治療を受けてください。
顔面神経麻痺は顔面部の血の巡りがよくないという点が指摘されています。
鍼灸は血流改善の治療を得意としています。
内服治療に加え、鍼灸治療で血流の改善をはかることによって、回復の効果が実感できるはずです。
また、病院にすでにかかり服薬治療をされているがなかなか思うように回復しない、経過観察が続いているという方も、鍼灸治療を早めに併せてとりいれる事をお勧めします。

 

東洋医学で考えると何が原因で、どんな時に麻痺っておこるの?

  • 風邪(ふうじゃ)にあたって顔面の経絡が不通になって発病し、そのために栄養が行き渡らず、顔面筋も動けなくなるため
  • 正気が弱ったところに、風寒の外邪が顔面の経絡に侵入するため
  • 身体が過労気味の時や顔面を冷やした時
  • 怒り(肝風内動)や精神的な抑圧(肝気鬱結,ストレス)

 

鍼灸でどうやって治してくれるの?

風邪(ふうじゃ)を取り去り、経絡の流れを良くして(去風通絡)、顔面の筋肉に栄養が供給される(養血和営)ようにしてやると症状は改善されます。

 

顔の治療ってどこにするの?

 顔面の治療部位は、麻痺を起こしている部分へのアプローチになります。
主には以下のような部位となります。麻痺の状態を確認した上でポイントを選び治療いたします。

ganmenmahi_01 ganmenmahi_02

 

 

 

 

 

 

鍼灸治療ってどんな感じなんだろう?

麻痺の部位と程度により、ひとりひとりにあわせたオーダーメイド治療です。
顔だけでなく、全身を治療する事で麻痺の回復をはかります。

 

顔面神経麻痺治療コース・料金表

メニュー・料金ページへ

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ