白砂糖が悪者なわけ

2014年10月2日

マクロビでは、白砂糖をなるべく取らない方が良いとしています。

今日はその理由についてお話ししたいと思います。

白砂糖の原料は、皆さんご存知「さとうきび」です。

ただ、スーパーで目にする白砂糖は、精製され、もともと含まれていたミネラル分など微量成分は取り除かれてしまい、ほとんどが糖の結晶となります。

糖の結晶はマクロビで言うと、極端な陰性。

体に取り入れることで、陰陽のバランスを大きく崩します

また、白砂糖の糖分は体内で即座に分解され、血糖値を急激に上げます

上がった血糖値を、体のインスリンの働きで下げ

そうするとまた甘いものが欲しくなり、、、、

このような悪循環を続けると、血糖値がアップダウンすると同時に、

気持ちのアップダウンも激しくなり、
精神的にも不安定な状態になります。

どうでしょうか?

甘いものの取りすぎは危険ですよね??

 

その対策について。

いきなり「お砂糖無しの生活で!」

と言われても、

ダイエットみたいに無理した反動でリバウンド!

みたいな事になりかねません

今から書く事一つからでもいいので実践してみて下さい

 

①白砂糖を、きびとうや黒糖に変える。

→この二つは、白砂糖に精製する手前の段階で完成しているので、白砂糖に比べてミネラルやカルシウムなど豊富で、血糖値の上がりもゆるやかです。
特にきびとうは味も白砂糖よりマイルド、黒糖より癖が無いのでオススメです。

②米あめを使ってみる。

→原材料がサトウキビではなく、米に変わります。その為マクロビでいう陰陽のバランスがサトウキビ原材料の物より取れ、血糖値上昇も抑えます。味はすみません、私も試したことが無くて。くせは無くマイルドだそうなのですが…今度試してみますね

③とにかくよーーーーーく噛む!!!

→これとっても簡単!お米などよーく噛むことで口の中ででんぷんが分解され、自然の甘さを感じることができます。(これが甘く感じない方は、甘さの感覚がマヒしているかも!)

④砂糖を摂取する回数、量を減らす

→急にゼロとは言いません。少しづつ、回数や量を減らして。今の季節ならおやつは、蒸かしたさつまいも栗なんかにチェンジするといいかも

どうでしょうか?一つでもできそうな事はありましたか?

私も素材の甘さを感じることができる人になれるよう、頑張りたいと思います。今日はさつまいもご飯にしようかな

皆様も是非お試しを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ