葉酸のオススメ摂取方法

2014年5月27日

先日は葉酸のサプリメントについてお話ししました。

前回の記事はこちら

今日は、サプリではなく食事で上手に葉酸をとるお話し。

まずは、
【葉酸を多く含む食材】
・アスパラガス
・ブロッコリー
・芽キャベツ
・ホウレンソウ
・オクラ
・サニーレタス
・ゴマ
・海苔
・あおさ
・昆布
・納豆
・・・などなど
( http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/folic_acid.html このページからマクロビの事も考えつつ選択してみました。)

【葉酸の特徴】
・水溶性ビタミンの為、水に溶けやすい
・光に弱い
・熱に弱い

【オススメの調理方法】
・蒸す(葉酸は水に溶けやすいので蒸して栄養を丸ごと摂取音譜)

・茹でる。沸騰したお湯に数秒、サッと茹でる。大きな鍋で一気に茹でるより、小さめの鍋で少量づつ茹でる方が◯ (モロヘイヤ、ホウレンソウなどはこの方法がオススメ)

・水に溶けるので、スープ味噌汁として丸ごと摂取できる事もオススメ

・炒める(油を使わずサッと炒めるとなお良い)

・ゴマや海苔などは食べれる量がそう多くはないと思いますが、日々のご飯に混ぜて少し塩味をプラスしたごま塩ご飯や、料理のアクセントとして使うといいと思います。(塩の加減を陰性タイプはややしっかり、陽性タイプはごく少量(もしくは無し)にしてくださいね)

【保存方法】
熱、光を避け、なるべく早めに新鮮なうちに食べる。

以前お話ししました春、夏野菜は「陰性」が強い為、食べ方に注意!!が今回も言えます。

生でもぐもぐたっぷり食べる!
が、体質に合わない人もいますので、ご相談ください。

西洋の栄養学、東洋のマクロビオティックが混在して、少しややこしかったかも。。。

わからないことがありましたら、ぜひぜひご相談くださいね

hijiya_140527

写真は恵比寿にある「マルゴ」というお店。
私が頼んだのは、人参、オレンジなどMIXしたスムージー。氷を使わず美味しくいただけました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ