血流のお話

2013年9月11日

血流を良くする話を治療中によくします。

それはなぜか。治療中はあまり詳しく理由をお話できないので、ここでお話しますね。

①血液は卵巣や子宮へのホルモンによる指令を届けてくれます

→例えば、卵胞を育てるホルモン、排卵を促すホルモン、
高温期を維持するホルモンが出るように促すホルモン、これらはすべて脳から卵巣へと血液が運びます。
血流が悪いと、これらの指令がうまく届かない可能性があります。

②血液は身体の各部位の熱を交換するので、全身をある程度一定に保つ事に関係しています。

→血流が悪く、うまく血液が届かなければ、冷えの原因になる可能性があります。

③血液は細胞に栄養や酸素を運搬します。

→卵胞、卵子も細胞です。血流が悪いと、食事をいくら改善しても栄養が届かない可能性があります。

これらの観点から見て、血流を良くする事は大きな治療のポイントとなります。

hijiya_130911

写真は年に一回、抽選で当たった人が入れる「迎賓館」
森田先生のオススメで応募したら、当たったので行ってきました。
興味がある方は来年ぜひ来年チャレンジしてみてください笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ