今日の質問〜何で生理の状態を聞くんですか?〜

2013年1月19日

今日は患者さんから、

「何で毎回生理の状態を聞くんですか?」

と質問がありました。

お答えします。

生理とは、子宮の内膜が維持できなくなって剥がれ落ちたものをいいます。

つまり、その状態を知ることは、子宮の状態を知ることにもなります。

妊娠するためには受精卵にとって、温かく、フカフカな子宮のベットが必要です。

冷えているベットは、温かいベットに比べて着床がしづらいと考えます。

子宮の血流がよく、暖かさを保っていれば

生理は鮮血で、どろっとした塊はないはずです。

もし、経血が暗めな赤で、塊があるようなら、

子宮を積極的に温める治療を取り入れます。

毎回聞くことで、生理の状態が変化していく事もわかりますしね。

もし、生理の経血が暗めだったり、塊がある方は

子宮を積極的に温めましょう。

ちなみにホッカイロを貼るなら、お腹より腰の方が、

より血流がUPするのでオススメです。

生理痛にも効果がありますので、ぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ