採卵の仕組み

2013年12月17日

今日は排卵はどうして起こるのか?
体の仕組みについて簡単にお話しようと思います

まず、生理が始まると脳からFSHという卵を育てと命令するホルモンが血流にのって卵巣に命令します
そして卵胞が大きくなっていきます

卵胞が大きくなるにつれてE2というホルモン数がでかくなります
このホルモンは卵胞からでてくるので卵が大きくなることによってこの数値も上がってきます

E2のホルモン数がある程度までいくと今度は脳に卵大きくなったよぉー!っと命令がいきます
そしてそれに反応した脳は「よし!じゃぁ排卵させよぅ!」っと今度は脳からLHというホルモンを大量にだします
このLHも脳から血流にのって卵巣に働きかけます
このLHというホルモンは排卵を誘発させるホルモンです
この大量にでたLHの状態をLHサージと呼びます
LHサージが起きることによって排卵が出来るっという仕組みになっています

これが排卵の仕組みになります
脳と卵巣が連絡しあって卵が育ち排卵するのです!
連絡方法は血流なので流れている血の質や流れ具合によって左右されてしまいます…
なので!血流改善!
鍼は血流改善が得意ですが質や代謝をあげるにはやはり鍼だけでは駄目です!
食事と運動に鍼!
ひとつひとつクリアしていきましょー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ