着床日に鍼

2013年10月1日

今日はなぜ着床日に鍼をおすすめするのか!?
っというお話です!

着床日に鍼をしていただくと
血流UP・自律神経の調節等
色々なメリットがうまれるからです。
日頃治療していてなおかつ着床率をあげる!
それが着床日に鍼をするなのです

じゃあどうして着床日じゃないとだめなの?
それは鍼の効果が人それぞれだからです。
1週間もつ人もいれば1日しかもたない人も中にはいるからです

そこで今治療している人へのいつ鍼をしたらいい?「いまでしょ!!」のタイミングのお話をします

①タイミング・人工授精をされている方
上記とはまた違いますが、
排卵日がおすすめです!
タイミング・人口受精の方はピックアップがとっても重要です!
なので鍼をしていただいて自律神経をととのへうまく卵をキャッチできるお体にする!
ただ排卵日は確定が難しいので排卵日だと思われる1日前に来ていただけると効果ばつぐんです!!
そして5日後、着床日にきていただくとさらにいい!!

②体外受精をされている方
これは着床日です!
それは上記でお話した通りになります。
ただ間違えてほしくないのは
移植した日が着床日ではないのです。
大体着床する卵は受精してから5日たった卵です。
なので2日目の卵を移植される方はその3日後。
胚盤胞(5日目)を移植されるかたは当日。
このようにどの卵を移植するかによって施術日が変わってきますので注意してください。

ここで一つお話を
注意していただきたいのは
絶対じゃないこと・・・
そしてその時期だけ治療すればいいってことではないこと
歳を重ねていくごとにお身体に悪いものや疲れがたまっていきます。
それを日々ひとつづつ解消していくのも鍼です。
それらの治療を通してここだ!っという日に鍼をさせていただくのです。
まず第一歩はお体を自分で調節できる身体にしていくこと!!

そのお手伝いが出来たらと日々思っています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ