若年齢で不妊?

2015年9月13日

染色体と身体のコンディション
染色体表_150913
表をご覧ください。

高齢になるほど、身体作りが大切だということを表現します。

妊娠に必要なことは「運よくいい卵子に出会うこと」だと言えます。病院の先生もわかり易く「いい卵子が出てくるのを待つ」という表現を使われます。

染色体異常率は40歳ですと40%程度と言われています。43歳だと80%超と言われるように急激に上がっていくのです。

表の左は40%の染色体異常の可能性の例です。
5回に2回は「染色体異常でない」卵子が出てきます。

出来るだけ、染色体の○が多い時に避妊せず、妊娠するといい。または採卵するといいと言えます。
つまり少しでも実年齢が若い時と言えます。

しかしながら、その理論ではまだ十分な結果が出ないと言えます。

表の右の身体のコンディションが整っていない場合、
妊娠出産に至る染色体の異常でない卵子が偶然でてきても
妊娠できません。

お伝えしたいのは、
『染色体原因は高齢になると増えるが、身体のコンディションは年齢と関係ない。』
ということです。

若年齢で体外受精をしていて授からないのは、コンディションの問題と言えるのではないでしょうか。

卵子の質という部分で「染色体」とは関係なく、体のコンディションを
整える際に、「卵子のパワー」もつける方法も必要不可欠です。

ホルモンバランス栄養治療法どれかがずれていませんか?

あなた自身にあうことを探し出せば、あとは日々コツコツと続けるだけです。

治療法を探してみてください。いまの治療があっていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ