鍼灸治療、少しでも早めに始めてほしい。

2013年6月20日

基本的に卵巣年齢と卵子の老化は正比例です。

だから、鍼灸治療も少しでも早く始めてほしいのです。
相談を受けた事例として、
35歳なのに多精子受精や分割停止がつづいており、
カウフマンをしてピルが効きすぎ、FSHが0.5 E2 10以下など
Sekimura鍼灸院の考えでは、お体が陰性すぎていると判断。

鍼灸治療と食養生を始めて2ヶ月でだいぶ体が変わってきた。

それからの採卵では、やはり35歳のちからもあり、胚盤胞まで到達。

血の流れや気の流れ、陰陽のバランスのとれた食事で
あるべき姿にもどる。

相談含め、早く鍼灸の門をたたいていただきたい。

妊娠可能性高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ