鍼灸治療は不妊症の「予防」と「緊急度」に対応します。その2

2013年3月22日

「緊急度の低い」体作りをしなければなりません。
じつは、
緊急度と予防が両立出来るのが「鍼灸治療」のいいところだとおもいます。
「緊急」に対応するのは、移植の前後に鍼灸治療をすると着床率が上がるというヨーロッパでの研究結果があります。
また、当院では「舌」に対応しているツボを使い、着床率を上げています。

 

着床しない方の一部におられる

「血液検査上などでは簡単に着床までいくはずなのに着床しない」方で、

舌の震えている方にはよく効きます。

 

「予防」という意味では、
卵子の質は、
①腸に代表される内臓疾患
②血流障害の瘀血
③自律神経
④からだに合った食事
を改善することで数ヶ月でいい卵が出来る事を応援します。

 

緊急度の低いことは、日々の目標となりにくいのですが、

「緊急度の低い」体作りこそ
「重要度」の高いことなのではと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ