サンビーマ―使用後の妊娠例が多数報告されています。

2012年10月3日

今年はすでに130人以上の方が妊娠されています。年間190人は超える、超えていただくよう鍼灸治療、東洋医学治療の道を邁進していきます。

さて、最近のSekimura鍼灸院 西新宿院の目玉である温熱療法「サンビーマー」。
実際に通っておられる方の感想は、
「お腹にあてているだけなのに、夜足が冷えなくなった」

「お通じがスルッとでるようになった」
「汗がでなかったのに、たくさん出るようになった」
など、冷えが改善されておられるようです。
冷えは、「卵巣機能の活性化」や「子宮内膜の肥厚」をさまたげる要因となります。

Sekimura鍼灸院では、「サンビーマー」という遠赤外線の照射機器を用い、不妊症の患者様によりよい卵巣、子宮環境を作っていただきたいと思っております。
当院の「サンビーマー導入」は不妊に関する学会で、重症の反復不成功例のサンビーマー使用後の妊娠例が多数報告され効果が認められていることが、決め手となりました。

 

・第122回日本不妊学会関東地方部会
学術講演会「遠赤外線治療が有効であった不妊症例」
・第46回日本不妊学会学術講演会
「遠赤外線治療にて妊婦に至った10不妊症例」
・第74回日産婦愛知地方部会
遠赤外線照射による卵胞発育への補助効果の検討」
・第105回日本産婦人科学会関東連合地方部会
「ART進歩の現状と未来予測」
・第48回日本不妊学会学術講習会
「遠赤外線を利用した50妊娠症例の検討」
・第50回日本不妊学会学術講習会
「遠赤外線を併用した80妊娠例の検討」

今年の学会でも発表されるそうです。
様々なドクターによる発表があるのは、

もちろんメーカーが頼んで検査をしてもらっているからなのですが、実際資料を拝見していると、調べる程いい機械なのではないかと感じます。

医療機器メーカーの中で、様々な病院に治験を頼むところはそれほど多くなく、よくあるドクターによる「監修」ではなく、複数の不妊症専門ドクターが実際に胚盤胞到達率などをデータ化している事に、信頼性がありますね。
「サンビーマー」はあてる回数が多い程いいと思います。
また、採卵をする予定の方は、採卵の2~3ヶ月前くらいから準備を始めていただきたく思います。
これは鍼灸治療も同様ですが、卵質、卵胞液の状態を変えることは数日では難しいですよね。
月定額 5250円の会員入会をおすすめしています。月初めの入会が一番お得です。

 

できれば毎日でも、数日に一回でも、出来る限りあてにいらしてください。
また、移植前や採卵前にもいらしてください。暖まったまま、病院へ行ってください。
私たちにとって皆さんが妊娠なさることが一番の励みですし、結果が多くでればとても嬉しく思います。

いい結果が出ますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ