施術中にお腹を押されることに不安を抱く方へ。

2012年7月17日

施術中にお腹を押されることに不安を抱く方がいらっしゃいます。
結論から言って、余程のこと(下記に具体例を2つ述べます。)がない限りお腹を押して出血するようなことは起きないと考えられます。

 

西洋医学的知識に照らして考えると、以下のようなことで説明がつきます。

 

お腹を押しても、膣からの出血に結びつかない理由

 

1.腹部の手術後やクローン病など、腸管癒着があり腹膜や腸管が特に薄い場合を除き、お腹に外部から圧力をかけて内臓が出血するということは考えられないです。こういう患者様は最初に傷跡等気づかないはずは無いことと、すでに婦人科とは別の診療科にかかっておられると思うのでドクターからお腹を押さないように指示が無いか確認しておきます。
なお、出血している場合この出血は肛門からの出血なので患者様に膣からの出血かどうか確認していただきます。

2.けんかのような不意である場合はともかく、私たちの施術では、あらかじめ患者様に「お腹を押しますね」とお伝えしています。これにより自律神経系統が働き腹壁に防御反応が働くと考えられる。痛いかもしれないと脳が関知すれば、腹直筋などは自分を守ろうとする。
もちろん、説明不足ゆえに心配をかけてしまわないよう、医学的知識を全員が身につけたうえで必要に応じ説明が出来る準備は出来るつもりです。疑問があればなんでもかまいませんので施術中にぜひ聞いて下さい。
膣からの出血は、ホルモンバランスの崩れ、E2の急激な低下、P4の低下、エコー検査によるものが考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ