気を強くするという事

2012年4月26日

気の量が身体の自然治癒力と関係する。

気の流れが正しいと、血流も良くなると鍼灸医学は考えます。

「気」と「血」は、「気」が先行するのです。
血流が良くなると血の質が良くなるとドクターも言っておられます。
気の量を増やすのは温める事です。

私の鍼灸治療でも、鍼だけするところと、灸だけするところと、鍼と灸を同じ場所にするところがあるのにお気づきの方もおられるでしょう。
鍼と灸の運用方法が違うのです。
気の流れに勢いを与えるのが鍼。

気の量を増やすのが灸。
簡略していうとそういうことです。
お灸の宿題はその属する経絡の気の量を増やし効率的に病気を退治するためです。
もちろん全身温める事も気の総量を増やすことに貢献します。

事情で鍼灸院に通えない場合は全身を温める。

鍼灸院に通える場合は集中的に悪い経絡を治していく。
鍼灸院は身体の相談所として利用していただきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ