カウフマン周期の功罪。数年前とはえらい違い!

2011年7月21日

病院によって、カウフマンをするのかしないのか?
先生の考え方によっても違いがあるでしょうが、
FSHを下げなくても採卵する
が、主流になってきている感じです。

 

数年前とは、えらいちがい。(関西弁です)
考え方もやり方もすごいスピードで変化しています。
3年前体外受精を試みて成功しなかったかたでも
3歳年をとったとしても
成功する可能性は上がってるのではないかなと思います。

 

昔はFSH8ならカウフマン3周期していた方がたもおられました。
今はきっと無駄にせずにいけます。

高齢症例では1月1月が大切。
鍼灸もお手伝いできます。薬の効きが変わってきます!

 

東洋医学の立場からすると本当は、薬に頼らなくてよい
身体づくりをしていく。

そういうお手伝いができますから
こちら目的でもご来院してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ