暑いときは何をたべたら体にいいの?

2011年7月12日

このテーマは考え方により意見が分かれるところでしょうが、

Sekimura鍼灸院の指導方法は「陰」・「陽」に則った考えで、

体に大きな変化を起こして行きましょうと提案するものです。

 

 

夏でも、冷え症の方とそうでない方では、

食べてもらいたいものはもちろん違います!

冷えの強い方特に隠れ冷え症の方もいらっしゃいます。

自分で数日間、酢の物やアルコール、夏野菜を試して体調がすぐれなくなった方は、

隠れ冷え症かもしれません。

食べないほうがいい食材もたくさんありますよ。

 

 

いろいろな「妊娠に良い」と言われるものを摂るときも、

「陰」と「陽」を考えた方がいいかもしれません。
(院長はサプリにいい顔をしませんが、それは合成されたものだからです。自然の食品からのパワーはそれに勝ると思っています。)
陰性体質の人はグレープフルーツや豆乳は止めた方がいいかも?
陽性体質の方は

暑い季節に体を冷やしてくれる夏野菜。

ジャガイモなどもいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ