不妊治療に「スタンダードがない」事が問題

2011年5月25日

不妊治療に「スタンダードがない」

ドクターによっていろいろな考え方があります。
赤ちゃんを抱く為に、そんなに薬が必要なのですか?という病院。

 

患者さん本位の治療を模索した結果、体と財布に負担の少ない治療を目指した。

採卵はもちろんなるべく薬を使わないほうがいい。

 

院長は24時間診療を提案されたそうですが、スタッフの反対が多く中止になった病院があります。

加藤レディースクリニックのことです。
逆にタイミング指導や人工授精にhmgの連日注射の病院もあります。

多くの場合、卵巣を腫らしてしまい、結果ピルまで飲む事になります。

 

治療方針の標準化はなかなか進みませんし、医療の質のばらつきも大きくなります。

治療を受ける側が「選ぶ目」を持つことが、よい医療を受ける条件となるのです。
どういう方法がいいのかは、患者さんの「 体 」 次第だと思うのです。

薬の負担に耐えられる人、耐えられない人。

はり治療をしていると、耐えられない体の人のほうが多いと思うのです。

500もある病院から選ぶのは大変です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ