不妊鍼灸の適応範囲=治療院に求められる事をする

2011年5月8日

鍼灸で赤ちゃんが授かるのか?
答えはyes.
もちろん、適応範囲があります。

 

鍼灸も努力次第でいろんな疾患に対応できるようになる。
それは鍼灸師が職人だからです。

 

Sekimura鍼灸院では、婦人科領域 には特に力を入れてきました!!

 

卵巣刺激法を研究し、排卵誘発剤の効きの悪い方の治療で、卵胞数が多くなりました。

数年前に” 着床針 “も開発しました。なかなか着床しない方の特徴をみてわかるようになりました。

人間は個人個人の体は違いますが、ある一定の法則もあります。

この部分は客観性があって再現性が高いので、Sekimura鍼灸院当院共通の手技として味わってもらえます。

 

 

先月までうちにも鹿児島からいらしている方がいました。

KLCに通って妊娠せず、当院の初診で僕が山下湘南夢に転院を勧めて、その日のうちに転院なさって、次の周期にはその方にとって初めての妊娠。

 

 

超ハイテンションでお礼の電話をいただきました。

この方には着床針をしました。

共通の手技としての着床針。この方用にアレンジが必要でしたが。

 

当院では患者様の体を、「 数値 」だけでなく、「 全体 」を診れる特性を活用して

最適な病院選びのお手伝いが出来なければならないと考えています。
治療院に求められる事。

それは、「 時間の短縮 」と思います。
全体を診れるのは、

踊る大走査線ではないですが、現場の人間。
からだ、こころ、全体の調整をして、時間短縮。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ