「ドスドス」歩いて靴のかかとの減りが早い人 いませんか?

2011年3月24日

大股が基本。
多少の足の長さのずれがあると、ついている筋肉量が違うので、
利き足と支え足に筋肉痛が次の日出るかも知れないが、
これは効果がある証拠。
利き足が疲れてはじめて支え足に筋肉がつき始める
だから最初にこういう事実をしらないと
「痛くなるから、やめよう」
とおもってしまう。

最初は心拍数が90程度に上がるまで早足で、
(これは自分の手首で15秒測って×4してください)
20分からだがぽっぽとしてくればやっと血液が全身に温度を運び
栄養ももちろん運び老廃物を流して来た段階。

 

ここからどれだけ続けるかが努力。
楽しみは、
体重が減ったり!
冷えが改善されたり!

 

歩き方に問題がないのか、たしかめよう。

 

「ドスドス」歩いて靴のかかとの減りが早い人は、

うまく歩けていない後ろに体重が残ってしまっている。

土踏まずより前に体重がくる工夫をしてみよう

大股歩きで早足だとそうなるはずなのだけれど。

 

人体に六百五十種類もある筋肉のうち、下半身には、その七〇パーセント近くがある。

いい歩き方ができれば酸素の取り込みが多くなるはず。

免疫を高める効果があり、体の不快な症状はかなりよくなるはず。
酸素が取り込めることが条件だが、呼吸が上手く行かない人は、先に呼吸の仕方を学ぶ方がいい。

汚れた大気中のホコリなどが、アレルギーを起こすから、

鼻が詰まって酸素の取り込みがうまくいかなくなる。

この指導は治療院でおこなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ