体外受精は毎周期できるのか?

2010年12月8日

クロミッドなどの飲み薬を使う(自然周期)体外受精場合、毎周期することができます。その際、
とれる卵子の数は1,2個です。

hMGなどの注射を使った(刺激周期)場合、沢山卵子が採れます。

しかし、刺激がつよく体の負担も大きいため、前回の注射の影響がなくなるまでお休みを必要とします。

年齢が高い、卵巣の反応性が低いと注射などで刺激しても1,2個しか卵子が採れないこともあるので、その場合は自然周期で毎週期体外受精を行うことを勧められることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ