受精卵の質を評価 見た目と同時に分割スピードも含まれます

2010年11月22日

受精卵の通常の分割スピードは

2細胞⇒48時間(2日目)、

4細胞⇒72時間(3日目)⇒96時間(4日目)、

桑実胚⇒120時間(5日目)胚盤胞

の順に成長します。

胚盤胞の段階になると、子宮内膜に着床できる状態になります。

受精卵の成長速度によって着床率は変わってくるようです。

 

6日目以降の受精卵は、着床率は低下すると言われています。

受精卵の質を評価するときに

見た目と同時に分割スピードも含まれているので、

卵子の質がとても重要になってくることがわかります。

卵巣に血液という栄養を十分に送ることによって

質の良い卵子がでてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ