黄体化非破裂卵胞(LUF)について

2010年11月21日

卵胞が大きくなり通常は排卵する。ところが、

排卵できず、

排卵していないにも関わらず卵胞の中に黄体ができて、

黄体ホルモンが分泌される状態です。

 

そのため、排卵した時と同じように

黄体ホルモンの分泌と基礎体温の上昇がみられます。

基礎体温の上昇がみられるにもかかわらず、

超音波検査で卵胞が排卵と同じ ように

残っている時にLUFが疑われます。

 

人によって頻度はありますが、頻発されるかたもいます。

原因はよくわかっていませんが、

一般的には内膜症、手術や炎症などによる

骨盤腔内の癒着が関係していることがあるようです。

 

脳からの命令で排卵するように十分なホルモンは出ています。

卵胞壁が癒着などで硬くなって破れな い状態になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ