「ルトラール」と「ディファストン」体重増減しても一喜一憂しないで!

2010年11月16日

お薬について。

「ルトラール」 と 「ディファストン」

このお薬は人工授精や体外受精の後によく処方されるお薬です。

このお薬は、黄体ホルモン作用を示します。

 

服用すると子宮内膜をふかふかにし、

着床しやすい状態を維持します。

病院によって処方する薬は異なりますが、

二つの薬は同じ作用を示します。

 

この薬を飲まれる方で、時々、

むくみや、体重の増加がみられる 方がいらっしゃいます。

これは、黄体ホルモンが水分や脂肪をため込む作用を持っているからです。

月経前も黄体ホルモンが分泌されているため、

薬の服用をしていなくても、体重増加がみられることがあります。

 

体重が増えても減っても一喜一憂しないで、平常心を心がけて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ