鍼灸での妊活効果の説明 ⑤(自律神経の話②)

2016年10月13日

こんにちは!
前回はちょっと過激でしたかね?
久しぶりに書いていて熱くなりすぎたかしら・・・?
っとちょっと反省してみたり・・・・(笑)

今日は結局自律神経ってなにしてるの?
の疑問にお答えしていきたいと思います!!

私たちの体は
自覚的・無自覚的に管理されています(b^-゜)
自覚的にはおなかすいた!ごはん食べよう!っという行動のように
自分で意識して動かすことですo(^▽^)o

そして無自覚的なこと・・・
例えば・・・
ごはんを食べますよね!
胃に食べ物が入ったときに
”胃を動け!消化液をだすんだー!!”
っと意識的にやっているわけではないですよね?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
なのに勝手に体が判断して胃が動き、消化液を出して消化しています
これを無自覚的に体が管理しているっということになります(°∀°)b 

これをしてくれているのは
胃が食べ物が入ってきた!!
っと脳に連絡をします( ・д・)/--=≡(((卍
そうしますと、
脳がじゃあ消化液出して消化して~( ・д・)/--=≡(((卍
っと胃に命令しているんですね

そしてここで自律神経の登場です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
この連絡や命令を伝達してくれているのが自律神経になりますo(^▽^)o
内臓はすべて自律神経支配になります
この自律神経の調節ができてないと内臓のコントロールや
内臓が通常の機能を果たしてくれなくなります(((( ;°Д°))))

そして自律神経の厄介なところは・・・
すごくナイーブな神経なもので・・・ヽ(;´ω`)ノ
「ストレス」がかかると伝達を素直にしてくれなくなります。(;°皿°)

困ったちゃん・・・・(TωT)

日本はストレス社会
特に日本人の働き方は
働くことに美学を感じる文化になるので
自律神経の調節がうまく行かない人が多いですo(TωT )

そのほかには、PC業務の方で肩こり・目の疲れが過度にかかり
この、過度っていうのがストレスなんですね。
それで自律神経の調節ができず
眠れない・頭痛・過度にかかる肩こりなどにつながっていきます。
これこそまさに悪循環Y(>_<、)Y
ストレスがかかり自律神経の調節ができなくなりますますストレスがかかるヾ(▼ヘ▼;)

ストップストレス!!ヽ( )`ε´( )ノ

ここで問題なのは
内臓は自律神経支配
内臓=卵巣・子宮も含まれるわけです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

タイミング・人工授精をされている方で
ホルモン数値・臓器に問題がない方はキャッチアップができていない方が多いので
ここを調節すればご懐妊につながることが多いですヾ(@°▽°@)ノ

そこで鍼灸になるわです(°∀°)b 
鍼灸は自律神経の調節が得意中の得意です
リラックスしてもらうの一つですが、その中で内臓などの調節をして自律神経が
安定するように治療をしていきます(*^o^)乂(^-^*)

肩こり・便秘・眠れない
このような症状を改善することによって自律神経の調整を促していきますヘ(゚∀゚*)ノ

なので!よく畑中は初診の時に
小さなことでもいいので気になるお体のご相談をしてください
っとお話しするのはこのことなのです( ´艸`)

・お通じが・・・
・眠れない・・・
・仕事が忙しい・・・
・旦那さんと喧嘩した・・・
話してすっきりすることもあるかとおもいますので(´・ω・`)

自律神経のこと理解できましたでしょうか?
ちょっと長くなってしまいました( ゚ ▽ ゚ 😉

このシリーズは次でラストになります

先月卒業される患者様よりいただきもので・・・
お茶と甘納豆お茶と甘納豆
止まらないスパイラル・・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ