いつ来たらいいですか?〜採卵周期の鍼灸治療〜

2017年7月3日

こんにちは♬

鍼灸師の長谷川です♪

梅雨に入り ジメジメの季節…

洗濯物も乾かず、外出の予定も立てにくいですね。

でも気持ちは前向きに〜〜

さて、タイトルのご質問。治療をさせていただいてる際に よく患者様からいただきますので、こちらで回答させていただこうと思います。

採卵周期の鍼灸治療の目的は、多くの卵胞・良質な卵子を育てるために、E2の値を伸ばすことです。

採卵周期の鍼灸治療でのオススメのタイミングは、低温期(つまり採卵までに)に少なくとも2回!!です。

生理が始まって4日以内ぐらいに1回、あとは採卵までに1回です

基本的に1週間に1回のペースで良いですが、

採卵までの周期が短い方は、生理が始まり、なるべく早めに鍼灸治療をお受けいただくといいですね。

例えば、毎回採卵が生理11日目とか12日目の方ですと、生理6日目に1回目の治療となると、卵を育てるまでの治療を充分に行えない可能性も出て来ます。

 

いつ、治療を受けたらいいか。わからないことがありましたら、スタッフにお尋ねください^ – ^

次回は移植周期編

お届けします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この妊活コラムの執筆者

AboutSekimura鍼灸院について

Sekimura鍼灸院

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目19−5 西新宿OSCビル5・6F

Tel:03-6908-5093

アクセス・地図

診療受付時間
[休診日] 日曜日、祝日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:30 10:00~19:30 10:00~20:00 10:00~20:00 10:00~19:30 9:30~17:30 休診日
ページの先頭へ